まちづくり・社会教育活動の実践あれこれ

日々への感謝とアウトプット

読了「コロナ後を生きる逆転戦略」河合雅司

どんな本

少子高齢化による人口減少に加えてコロナ禍に襲われた日本に、逆転のシナリオはあるのか。企業も個人もコロナ後を生き抜くには、今までの常識を一切捨てて「戦略的に縮む」しかない。大ヒット「未来の年表」シリーズの著者が具体策を提示する。

 

感想

とにかく有益でしかなかった一冊。特に第4章では、まちづくりについて言及されており、自分の地域活動において非常に勉強になる考え方を指南いただいた。50代人生設計で地域コミュニティへの回帰は意外性のある提案。地でやっていきたいと思える逆転戦略の数々は一読の価値あり。

 

表紙

f:id:recosaku:20220827191038j:image

 

目次

  1. 先進国脱落ニッポンの逆転戦略
  2. 日本企業は高品質低価格を捨てよう
  3. コロナ後に勝つビジネスパーソンの働き方
  4. 縮小ニッポンの新しい生活様式とまちづくり
  5. 人生の未来年表で戦略的に生き抜く

 

要約・メモ

(まえがき)

  • 最大の懸念事項、少子高齢化人口減少。縮小するマーケットで「戦略的に縮む」ことの重要性。
  • すべての産業分野で勝つことができない。売上高を競うのではなく、1人あたりの営業利益をアップさせること。

(第1章)

  • 労働力と消費者の減少、経済全体が縮小。子供たちが大人になる20年後を想定してデータを読み解く必要
  • 紙オムツ生産は赤ちゃん用より大人用の方が伸びている。
  • コロナ前の生活には、もう戻れないと覚悟すべし。
  • 2020年に50歳以上の女性の人口が49歳以下を追い抜いた。女性の2人に1人が50歳以上の国になった。
  • 出産期(25〜39歳)女性の絶対数がどんどん減る。30年間で260万人減少。
  • コロナ禍を逆手にとって戦略的に未来を再構築しよう。
  • 2024年国民の3人に1人が65歳以上。2026年認知症患者が700万人規模で。2033年全国の住宅の3個にいっこが空き家になる。2042年には高齢者が4千万人で多くは一人暮らし。

(第2章)

  • 売上高ではなく一人当たりの営業利益を基本指標にすべし。一人当たりの営業利益ランキング、5位ワークマン、6位ZOZOなど。
  • 稼げない事業を売却、外注できる仕事は任せてしまう。業務の効率化は、生産性を上げていく大きな手段。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の活用、単なるITによる省力化ではなく、企業文化・風土を変革して競争に勝つのが本当のDX
  • マーケットの4割は高齢者、困っている事、日常生活に新たなビジネスチャンスのヒント。

(第3章)

  • 会社にしがみつかない、縛られない働き方を。
  • 年功序列による賃金上昇はもう見込めない。
  • 勤務時間の長さよりも利益への貢献度が問われる。業務達成度時間管理能力がカギ。
  • DXに対応できるデジタルスキルを持つこと。文系出身で中級スキルの人が一番危ない。

(第4章)

  • 24時間営業をやめて売上増。「便利すぎる」から「適正な便利さ」へ。
  • コンビニ人手不足。外国人従業員の割合、ミニストップ10%、セブン8%。
  • 住みたい街ランキング関東版で上位キープの吉祥寺、少子高齢時代の街として理想的。すべての用事が車なしで済む。老後の暮らしを考えて、家ではなく街を選ぶ
  • 物件や居住空間の問題ではなく、物件を取り巻く環境やそこに住む人々とのつながりを選ぶことの方が重要。まちづくりにコミットできる地域を選択するべき。
  • 第二次安倍内閣が掲げた「地方創生」2つのミス、① 2060年まで人口1億人規模を維持できる前提に立ったこと。どっち本来であれば人口が減っていくことを大前提に議論すべきだった。単なる地方活性化策になってしまった。②創生する地方がエリアでなく地方自治体に入れ替わってしまったこと。地方自治体の生き残り策になり果ててしまった。「戦略的に縮む」と正反対の動きに。市町村を残すことが目的ではない。
  • 人口減少時代のまちづくり:①自治体の区分けを前提にしない、人モノ金が循環するネットワークを作る。500から1000人を最小希望として10万から30万人規模の商圏を作る。②地域商社、ヨーロッパの地方都市ブランド、ブルネオクチネリ・イタリアのメロメオ村、少量生産・少量販売でかつ高付加価値のビジネス
  • 子育て支援策に力を入れる自治体、子育て世帯の転入を自治体同士で奪い合っているに過ぎない。その子供たちが一定の年齢に達するとその街からいなくなる可能性大。人口減少社会への根本的な解決策にはならない。
  • 高齢者を集住させて公共サービスのコストを下げる。老後2千万円議論はナンセンス。サービスを利用しようにもそれを提供する人がいない。静岡県浜松市店現在7つの区を2〜4に再編する案を検討中。

(第5章)

  • 40代・50代・60代の年代別マネジメント計画を。アフターコロナ時代の考え方、終身雇用も年功序列の賃金アップも続かない。人口減少社会を生き抜くには今までの常識を捨てること。これが本書の最大メッセージ
  • 社会保障制度をあまり当て込まない、自分でできる事を一つでも多くしておくこと。
  • (40代)自分の年齢を書き込んだ人生の未来年表を作る、妻子や親の年齢も書き込む。節目に応じてプランは書き換えて。
  • 70歳まで収入を得られるようにしておく。セカンドキャリアに向け仕込める最後の10年。
  • (50代)資産・人脈・スキルの棚卸しを。住宅ローン返済は終わらせておく。子育てと親の介護が重なるダブルケアに注意
  • 「共助」ネットワーク作りを進めておく。普段から協力し合える関係を築く。防災訓練などに参加して地域に溶け込む。
  • (60代)生活コストを戦略的に縮小して。家や車の売却で可処分所得を増やす。
  • おしゃれをして趣味を発表できるような社交場を見つけて。
  • 配偶者に先立たれたら同棲パートナー見つける。

 

県PTA理事会

6月以来3ヶ月ぶりの理事会が開催されました。2時間半にわたるボリュームのある会議でしたが、充実した内容の協議であったと感じました。私は司会進行を務めさせて頂きましたが、皆さまのご協力のお陰でスムーズに進めることが出来ました。参加された理事の皆様、大変お疲れさまでした。

 

9月はじまり

今朝も美しい星空と月、宇宙と世界を確認。

今というかけがえのない時間に感謝。

自分を生かしてくれている存在に感謝。

共に生きる皆様に感謝。

今日も精一杯、世のため人のために尽くします。

ありがとうございます。

 

駅まちエリア会議

延岡徐福伝説伝承会で11月に予定しているウォーキング大会の事業絡みで、会議に参加させて頂きました。初めての参加でしたが、商店街の活性化に取り組まれている正に現場を見させて頂き大変勉強になりました。今後ともよろしくお願いします。

読了「ジェンダー入門」加藤秀一

どんな本

ジェンダーについての入門書。ジェンダー論の豊かな知的フィールドに踏み出すための最初の手がかりを提供したい、そんな思いが込められた一冊。

 

感想

本テーマに関しては初読であったが、これぞ社会学の大本命では。「私たちが慣れ親しんだ性の意味の外側(メタレベル)に立つためのはしごのような道具が必要で、その道具がジェンダーという言葉」とは言い得て妙。海のように広くて深い問いの数々がここには広がっている。

 

表紙

f:id:recosaku:20220827191106j:image

 

目次

  1. ジェンダーって何のこと?
  2. ジェンダーは何を訴えてきたか
  3. 男女って何だろう?
  4. 男とは〜女とは〜なんて雑すぎる
  5. 女なら女らしくしなさいは論理ではない
  6. セクシュアリティーはジェンダーではない
  7. ジェンダーの平等に対するバックラッシュ

 

要約・メモ

(第1章)

  • ジェンダーの4つの用法:①性別そのもの、②自分の性別が何かという意識、③社会的に作られた男女差、④社会的に作られた男女別の役割。どの用法にも「社会的」という含意がある
  • 性同一性障害:生物学的な性別(=セックス)と主観的な性別(=ジェンダーアイデンティティ)にずれがある状態。

(第2章)

  • ジェンダーgenderの由来、性別を表す名詞の区別、それを転用し人間の性別に関わる現象へ。
  • (ジグムントフロイト)人間はただ放っておけば自動的に男や女になるわけではなく、人間だけが持つ文化・社会と言う不可思議な環境の力が作用してくる。
  • シモーヌボーヴォワール)「人は女に生まれない。女になるのだ」人間のあり方を決めているのは「文明の全体」。女とは男から見た客体、すなわち「他者」。女が劣った価値づけをされ、周辺的な地位に置かれている状態を鋭く表現。
  • 男性は女性として、女性は男性として明日から生活してみて。そうすれば他人事としてではなく自分のリアリティとして、望まない性別を強いられる辛さを感じられるはず。

(第3章)

  • 性別そのものの根拠は2つの構えにおいて探求:①生物として私たちが同種の異性を認知するという事実がどのようなメカニズムかを問う構え。②私たちがどのような言葉で二次元的性別を理由づけ、正当化しているかを問う構え。
  • 私たちは「人間には男と女しかいない」という信念を、論理的には根拠づけることができないまま保持している
  • 非典型的な人々をこの社会から排除し抑圧、二次元的性別を揺るぎない現実として絶えず作り直し維持し続けている。
  • しかし、それによって抑圧され傷付けられる人々がいることを知った上で、ジェンダーの多様性を尊重しながら、少しでも暴力の少ない望ましい社会運営を模索していくことが不可能という理由には決してならない。人間はその程度には自由である。

(第4章)

  • 男女を比較した時に見つかるさまざまな差。性差とは男性と女性それぞれの集団間の違い。
  • 集団同士を比較するには平均値など統計学的な概念用いる。性差とは本質的に統計学的な概念だということ。
  • 「差別とは不当な区別である」と定義。問題は①何と何の区別か、②正当と不当の境目をどう決めるか。
  • 社会学者・坂本佳鶴恵氏)「差別だとして告発された以上、それは差別なのだ。」数々の現象を調べてもすべてに共通の性質は見つからなかった。
  • ある時代・地域においては正当なものとみなされる区別が、別の時代・地域では不当な差別とみなされる可能性。その分割線には多様性があり、また変化する
  • 何が差別かと言う基準を絶えず見直し、作り直す事で社会的不平等を少しでも減らす努力をするべき。

(第5章)

  • (二クラスルーマン)認知的予期と規範的予期:人間には、自分の予期を現実に合わせていこうとするよりも、現実の方が自分の予期の通りに進行する「べき」だと思う強い傾向。
  • 認知的予期、出なければならないところに規範的予期を持ち込むことが差別。
  • 規範的予期は違背から学ばない、すなわち自分の予期が現実と食い違ったときに、現実に合わせて自らを修正することがない。これが一定数以上の人々に共有された社会現象として安定化されたもの、それがルーマンによる規範の定義。
  • このことから「規範」の本質とは、現実に逆らうこと、現実を認めないことである。
  • 規範である以上、それに違背した人は責められる、このような責めを社会学用語で負のサンクションと言う。
  • 性差と性役割の関係、論理的には無関係。誰々が女である、あるいは男であると言う事実から、だから女らしくすべき、男らしくすべきと言う価値(役割規範)を直接に引き出す事はできない。

(第6章)

  • 「性」と言う言葉の多義性は、私たちが世界を見るまなざしのあり方を反映。それを分析対象とするために、私たちが慣れ親しんだまなざしの外側(メタレベル)に立つためのはしごのような道具が必要であり、それがまさにジェンダーと言う言葉の役目なのです。
  • 性自認性的指向との区別は重要な意義を持つ。性と言う言葉に遭遇した時は、常にそれがジェンダーの意味なのか、セクシュアリティーの意味なのかを考えてみる習慣をつけておくと、いろいろなことが見えてくる。

(第7章)

  • バックラッシュ:リベラルな価値が一定程度進んだ時点で、それに対抗して国家や家庭といった伝統的な価値の歩間を目指す勢力が台頭してくること。
  • バックラッシュの代表的な攻撃対象、①性教育、②ジェンダーフリー
  • 過激な性教育はけしからんと言う主張。「思春期のためのラブ&ボディBOOK(厚生労働省が2002年に中学生向けに制作)、国会で非難の対象に、実質的に回収されると言う事件へ。
  • 知的障害のある青少年を対象に、「心と体の学習」と言う授業を、1部の都議会議員保守系メディア、東京都教育委員会の連携によって踏みにじられた事件。
  • ジェンダーフリーとは、子供たちを男だからこうあるべき、女だからこうすべきと言う枠組みに押込めずに、それぞれの個性と人権を尊重した教育を行うべきだと言う発想である。
  • 多数派と同じ生き方をしろと強いる権利は誰にもない。多様な生き方がどれだけ有利不利なく認める柳沢進む社会の成熟度を図る最高の物差し。
  • 自分より大きなものに枠付けられたい、他人の自由を許さずに枠付けたいと言う欲望が、バックラッシュの最も根底を形作る。
  • バックラッシュ派は秩序を尊重せよと言う口調、そこには現存する秩序だけが唯一の秩序ではないと言う認識が欠ける。
  • 差別のほとんどが、多数者から少数者に向けられる暴力であることを考えれば、単純に多数派が正しいと考える事は明らかに危険。
  • 民主主義=多数決と言う思い込みをきっぱりと捨てること。民主主義の本質は多数決などではなく、議論を尽くすと言うことにある。
  • 多数決は民主主義の限界を示す制度に過ぎない。
  • 多数派が暴走して少数派を痛めつけたりしないように、組織の成員すべてが多数決の限界を意識し続けること。

 

 

We Believe No.710

今月号が届きました。いつもありがとうございます。

f:id:recosaku:20220824092621j:image

 

会頭対談:アルへネス・アングロ(JCI会頭)×中島土会頭

  • リーダーの本質は「権利」より「義務」。権利に溺れてしまうのではなく、役割・義務を果たすべき。
  • 新タイプのリーダー、単に人を育成するだけでなく、社会をポジティブチェンジできるインパクトのあるリーダーの育成が求められる。
  • 他人から見たら小さな達成でも自分では「過去最高」を更新していくことが大切。

 

ニューヨーク総領事・大使、森美樹夫氏:

  • ニューヨークに日本人4万人、日系企業800社以上。世界が日本に向ける期待感は一切薄れていない。日本にしかできないこと、緻密な技術力や開発力、きめ細かなサービスなど。日本にいては気づけない。
  • アメリカにはグローバル企業が多いが、地方に行けば生涯生まれ育った州からでたくないという人も多い。グローバリズムとフェデラレリズム(連邦主義)が併存、各州がそれぞれ独立国と呼べるほど、政策や特色、強みが異なる。